冷やすだけでオッケー!?冷やご飯ダイエットの驚くべき効果と方法まとめ

>>結果重視の酵素ダイエットならベジライフ酵素液<<

By: CeresB

 

スポンサーリンク

ダイエットなのにご飯が食べられる!?

日本人の私達にとても馴染み深いごはん。出来る事なら三食ごはんとおかずを食べたい!という人も多いはず。でも・・ごはんは、ダイエットの大敵ですよね。ごはんといえば炭水化物、そしてごはんといえば太るもの。ダイエット中はごはんを抜いたり、量を制限する方も多いと思います。

でもそんなご飯を一工夫するだけで食べられるとしたら?更にダイエットにもつながるとしたら!?今回は何かと話題の「冷やご飯ダイエット」について驚くべき効果と方法を徹底解説したいと思います。

 

冷やご飯はどうして痩せる?

そもそも冷やご飯とはなんでしょうか?冷やご飯とはその名前の通り、冷えたご飯です。炊きたての暖かいご飯ではなく、一度冷蔵で冷やしたり、自然に冷えたご飯の事を指します。

レジスタントスターチ

炊きたての暖かいご飯は、冷たくなることでご飯の中にある変化が起こります。ごはん中のでんぷんの一部が、「レジスタントスターチ」という食物繊維に似た成分に変化するのです。

この「レジスタントスターチ」というのは、消化されないでんぷんの事です。これはほとんどの炭水化物に含まれており、温かいものを冷やす事で量が増加します。そしてこの「レジスタントスターチ」には次のような働きがあります。

難消化性デンプン

まず、「レジスタントスターチ」は糖質や脂肪を吸収しにくい作用をもっています。そもそも、血中の糖分は余ってしまうと体脂肪に変わります。しかし、冷やご飯を食べる事で「レジスタントスターチ」が糖分の吸収を抑えてくれるため、体脂肪としての蓄積を防いでくれるのです。

更に「レジスタントスターチ」は血液をサラサラにしてくれる作用を持っており、脂肪やコレステロールを排出しやすくします。その為、冷ご飯は太りにくいのです。「レジスタントスターチ」が難消化性デンプンと呼ばれているのはこういった働きからです。

便秘に効く

また冷やご飯は便秘にも効きます。冷やご飯は温かいご飯に比べて消化しづらくなります。何故なら「レジスタントスターチ」は食物繊維に似ているからです。「レジスタントスターチ」に変化したご飯は、消化吸収されずに大腸まで運ばれます。

そのため、腸内環境を改善してくれる効果があります。そして腸内が綺麗になることで、体内の老廃物が排出され、代謝の良いからだとなるのです。

カロリーが低い

そして冷やご飯は暖かいご飯よりも、カロリーが低くなるといわれています。何故なら冷やご飯は、温かいご飯に消化しづらいからです。そのため摂取カロリーが低くなると言われています。

 

冷やご飯の効果メリット

そんな冷やご飯を食べる事で、どういった効果があるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

カロリーが約半分に!

なんと、冷やご飯にするだけで、温かいご飯に比べてカロリーは約半分になるそうです!さっきから良く出てくる「レジスタントスターチ」。通常のでんぷんは1gあたり4kcalですが、「レジスタントスターチ」は1gあたりなんと2kcal。

この「レジスタントスターチ」のおかげで、カロリーが約半分に抑えられるそうです。体脂肪が蓄積し辛いといった効果は上記でも記載済みですが、パっとしませんよね。しかし、カロリーが半分と聞けば、どれほど凄いかイメージしやすいと思います。

カロリー消費量が上がる

冷やごはんの難点は、温かいご飯に比べると硬い事。しかしここがポイントです。ご飯が硬い為、噛む回数が自然に増えるのです。噛む事によって、何とカロリー消費が自然と上がります。それだけではなく、たくさん噛む事は健康に良くて、例えば内臓が活動し体を温める事が出来ます。

そして体が温まった事で脂肪の消費量上がるんですね。たくさん噛むことはいい事ばっかり!なので、普段からよく噛む癖をつける事が大事ですが、冷やご飯はそもそもが硬いので、自然とよく噛むようになるんですね。

ミネラルの吸収率を高める

「レジスタントスターチ」にはミネラルの吸収率を高める効果があります!ミネラルがどうした、と思いますが、ミネラルはダイエット中によく不足しがちな栄養素です。

ミネラルが不足すると、肌や髪があれたり、抜け毛や爪の艶がなくなったりします。せっかくダイエットしてるのに、体がボロボロになっては元も子もありませんよね。なので、ミネラルはとっても重要な栄養素なのです。

満腹感がある

上記では、「レジスタントスターチ」は食物繊維に似た働きがあると書きました。その為、冷やご飯は、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる働きも持っています。

すると、満腹感が持続するので少量でおなかいっぱいに感じます。また、ついつい食べてしまう、間食を防ぐ事も出来ます。

 

冷やご飯ダイエットのやり方

そんなメリットがいっぱいある冷やご飯ダイエット!どうやってやればいいのか?詳しく解説します!

一食の食事を冷やご飯に変える

冷やご飯ダイエットのやり方は、一日のうち一食を冷やご飯に置き換えるだけです。もちろん、一食以上置き換えても大丈夫です。

ただ、置き換えるタイミングによって少し効果も違うので、自分の好きなタイミングで置き換えるのがベストです!

朝食を冷やご飯に置き換えた場合

腸内環境を整え、その日一日の代謝機能の向上に期待できる。

昼食を冷やご飯に置き換えた場合

一日で活動がとても活発な時間帯である。その為、消費エネルギーを効果的に向上させる事に期待できる。

夕食を冷やご飯に置き換えた場合

摂取エネルギーが一番高い食事であるので、摂取エネルギーを効果的に抑える事に期待できる。

ご飯が炊けたら自然に冷やしておく

そもそも冷やご飯はどうやって作れば良いのでしょうか?

目安は一時間冷やそう

冷やご飯を作るうえでの目安は、一時間。一時間冷蔵庫で冷やすとOKです。ただ、キンキンに冷えたご飯を食べるのは少しつらいので、食べる30分前に常温で戻すようにしましょう。

どうしても食べにくい場合

触ってみて温かくならない程度に電子レンジで加熱しましょう!ただ、暖めすぎると、せっかく冷やして作られた「レジスタントスターチ」がなくなってしまうので注意です!

よく噛んで食べる

冷やご飯なので、自然と噛む回数は増えますが、よく噛んで食べる事を意識しましょう!よく噛むことで、満腹感を得られるだけでなく消費カロリーの向上にも期待できるので、結果的にダイエットに繋がります。

 

ご飯以外でも応用が利く!

ちなみに、「レジスタントスターチ」は冷やご飯以外でも作り出されます。炭水化物であれば、「レジスタントスターチ」を作り出すものはたくさんあって、例えばパスタやラーメンなどの麺類、じゃがいもなどです。

コンビニ弁当であれば、基本的に暖めなければ冷えています。しかし、冷えていても食べれなくはないですよね?無理して食べる必要はないですが、冷やご飯以外にも炭水化物であれば、似たような効果に期待出来るので、積極的にトライしてみるのもいいかもしれませんね!

 

冷やご飯レシピ

どうせ冷やご飯を食べるのであれば、おいしく食べたいですよね!今回はおいしいレシピをいくつか紹介します!

 

冷やご飯と一緒に!ヘルシーなおかず!

冷たいサーモンのリゾット

  • 材 料(2〜3人分)
  • スモークサーモン100g
  • タマネギ1個
  • しその葉10枚
  • ケイパー大さじ2
  • イクラ(塩漬け)大さじ2
  • オリーブオイル大さじ2
  • 塩小さじ1
  • 胡椒小さじ1/2
  • ご飯1合
  • レモン1/2個

梅ささみ炊き込みご飯

  • 2号分
  • 米2合
  • 梅干し2個
  • 水 350CC
  • 酒 大3
  • 白だし 大2
  • 醤油 小2分の1
  • 鶏ガラスープの素 小2
  • 塩 小1

サラサラ冷やし茶漬け

  • 材 料(1人分)
  • 塩鮭1/3切れ
  • 大葉1枚
  • すりごま少々
  • ねりわさび(チュウブ入り)少々
  • ご飯茶碗1膳
  • 冷たい麦茶茶碗8分目

 

食べすぎには注意!

しかし、注意しないといけないのは食べすぎです!いくらカロリーが低いとは言え、食べ過ぎたら太ります。美味しいからって食べすぎにだけは注意してください!

 

まとめ

 
冷やしご飯ダイエット、どうでしたか?温かいご飯に比べると、冷やご飯は少し味が劣る面もありますが、それは工夫次第!それに、ダイエット中にご飯が食べれるなんて最高ですよね!

置き換えるだけでご飯が食べれるだけでなく、ダイエットにも期待が出来ちゃうなんて!皆さんも是非試してみて下さいね!

この記事をシェアする!

>>結果重視の酵素ダイエットならベジライフ酵素液<<