簡単!健康!長続き!「失敗しないバランスボールダイエット」についてまとめました

>>結果重視の酵素ダイエットならベジライフ酵素液<<

balanceball-diet
Photo by Meshae Studios

TVや雑誌などで紹介されている様々なダイエット法。これだけ多くの方法が伝えられているのに、なぜ成功しないのか?その答えは簡単。成功までの道のりが大変すぎるからです。

間食もせず食べたいものも食べず空腹に耐え続け、学校や仕事で疲れた体にムチ打って運動を続ける…そんなこと、大多数の人は続けられません。だから失敗してしまうのです。

そんなあなたにおすすめしたいのが、簡単!健康!長続き!「失敗しないバランスボールダイエット」です。これから紹介する方法は、簡単かつ健康的で長続きさせやすい画期的な方法です。科学的根拠に基づいたこのダイエット法は、成功率が極めて高い夢のような方法です。

もうダイエットに失敗したくない。絶対に…でも簡単にダイエットしたい!そんなあなたにお送りする、簡単!健康!長続き!「失敗しないバランスボールダイエット」ぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

バランスボールダイエットとは

バランスボールを使った運動は、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルは、関節の位置や姿勢を正常に保つ働きがあり、脂肪をエネルギー源として大量に消費する赤筋が多く含まれております。

そのため赤筋を鍛えると脂肪を消費して基礎代謝が上がり、ダイエットにつながるのです。このダイエットに効果を発揮する赤筋は、普通の筋トレでは鍛えられないのですが、バランスボールを使うことで、効果的に鍛えることができます。

体を鍛えるだけではない!バランスボールでダイエット

バランスボールには、身体の表面にある腹直筋や広背筋などのアウターマッスルを鍛えると同時に、腹横筋や腸腰筋などのインナーマッスルも鍛え、バランスよく筋肉を強化しダイエットもできるという大きな魅力があります。

バランスをとるだけでも運動になる

実は、バランスボールに座ってバランスをとっているだけでもダイエットに効果的な運動になるのです。

不安定なボールの上でバランスをとっていると、姿勢を正常に保つ働きのあるインナーマッスルを使い続けることができるからです。

ながら運動ができる

簡単気軽で長続き。これはダイエットをする上で大きなカギになることは間違いありません。

テレビやPCを観ながら運動ができるということが、バランスボールダイエットの大きな強みであります。

 

効果

バランスボールを使うことで、どのようなダイエット効果があるのかを、具体的にご紹介いたします。

有酸素運動で脂肪燃焼

有酸素運動は取り入れた酸素で体内の脂肪を燃焼させるもので、軽い負荷でゆっくしとした動きを持続させることで効果がアップします。

息が切れるようなハードな運動にならないよう調整しながらトレーニングを行ってください。

インナーマッスルを鍛えてたるみ解消

日常生活で使わない筋肉程たるんでしまいます。バランスボールダイエットでは、日常あまり動かさないお腹回りも深部にあるインナーマッスルから効果的に動かしますので、これを継続して行うことによりたるみ防止が期待できます。

体幹を鍛えて代謝アップ

バランスボールは体幹筋を広範囲に刺激します。体幹筋は代謝の高い筋肉群なので、それを広範囲に刺激し続けることで効果的に基礎代謝を上げることができるのです。

 

やり方

バランスボールダイエットには、効果的なトレーニング法がたくさんあります。まず始めに、最も基本となる正しい姿勢をマスターしていただきます。

その後は、多少ハードになってもすぐに結果を出したい方のための「サーキットトレーニング」、反対に面倒くさいのは苦手という方のための「ながら運動」をご紹介いたします。

正しい姿勢

  • 頭・肩・腰が一直線になるように背筋を伸ばしてボールに座ります。
  • 手は身体の横にさげ、脚は肩幅に開いて足の裏を床につける。膝の角度は約90度。

サーキットトレーニング

短期間で痩せるのに効果的なのがサーキットトレーニングです。ひと昔前までは20分以上続けなければ脂肪燃焼効果は出ないと言われていましたが、現代スポーツ科学では、サーキットトレーニングを取り入れることで短時間でも脂肪燃焼効果があることが立証されています。

サーキットトレーニングは「有酸素運動1分→筋トレ30秒→有酸素運動1分→筋トレ30秒」(約3分)を1セットとして、3セット(約10分)行います。

  • 有酸素運動:上記の正しい姿勢をとり、ボールの弾力を利用して上下にテンポよく弾みます。
  • 筋トレ:床の上に仰向けに寝転びボールの上に脚をのせます。息を吐きながら上体を起こして腹筋運動をします。

負荷が高いので、キツイと感じる方は上体を完全に起こさず、おへそをのぞき見る程度から始めるといいでしょう。

ながら運動

やる気が出ないときや、面倒なダイエット法が苦手な方は「ながら運動」が最適です。テレビを観ながらボールに座り、上記の正しい姿勢を作ってリズミカルに弾み続ける。ただそれだけ!本当にそれだけなんです!

でも、これがなかなかあなどれません。なぜなら効果的な有酸素運動というのは、弱い負荷で一定時間運動をし続けてインナーマッスルを刺激するのが良いとされているのですが、このトレーニングではそれら全ての要素が含まれているからです。

テレビ番組をコマーシャルまでで区切れば10分から15分。好きな番組を観て楽しみながら行う「ながら運動」をうまく取り入れて、バランスボールダイエットを続けていきましょう。

 

くびれに

痩せるだけではくびれができません。腹筋運動だけでもくびれはできません。

ですがバランスボールは、くびれを作ることができるのです。

バランスボールはくびれに効く!

くびれを作るには、お腹回りの筋肉を総合的に使い刺激する必要があります。バランスボールを使った運動では、アウターマッスル・インナーマッスル両方を使い、腰回り(お腹・背中・腰)の筋肉を鍛えることができるので、くびれに効くのです。

くびれを作るやり方

  • 肩幅に脚を開いて、両手は骨盤横に置きます。
  • 両手はそのままで、息を吐きながらゆっくり体を横に倒してわき腹を伸ばしていきます。

これを左右繰り返して行ってください。伸びている筋肉、縮んでいる筋肉をしっかり意識してトレーニングすることが大切です。

 

下半身痩せに

骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れが悪くなってむくんでしまい、下半身太りの原因となってしまいます。

バランスボールダイエットではこの骨盤の歪みを治し、かつ大きな筋肉を持つヒップと太ももの筋肉を鍛える方法を紹介いたします。

バランスボールは下半身にも効く!

バランスボールダイエットでは、体幹だけでなく下半身に効くトレーニングもあるのです。

お腹まわりだけではなく、ヒップをキュッと上げ、脚ももっと細くしたいと考えている方もいらっしゃると思います。

下半身に効くやり方

  • 骨盤矯正:正しい姿勢でボールに座り、ももの上に手を置いたまま片脚を90度あげてキープ。これを左右で繰り返して行うことで骨盤の位置を矯正することができるのです。息を止めないように注意してください。

  • ヒップと太もも:背中と壁でボールを挟み、両手を頭の後ろで組みます。ボールを挟んだまま膝が90度になるまで腰を落としていき、ゆっくりと戻していきます。この運動は、ボールを挟んで壁にもたれているので通常のスクワットより負荷は軽いのですが、それでも普段あまり運動をしない方にはキツイかもしれませんので、無理のない回数から始めてください。

 

バランスボールの選び方

今までバランスボールを使ったダイエット法を紹介してまいりましたが、その効果を最大限に発揮するには、自分の身体に合ったボールを選ぶことが大切です。

座ったときに膝の角度が約90度になることがポイントです。実際に店頭で確認するのが一番ですが、それができない方はご自分のひざ下を測るか、以下の記事を参考にしてください。

バランスボールの大きさ

エクササイズやダイエットで使われるバランスボールは、45㎝・55㎝・65㎝・75㎝です。

身長ごとに、だいたい以下のサイズのボールをお選びいただくといいと思います。

  • 45㎝は身長150㎝以下
  • 55㎝は身長150㎝~165㎝
  • 65㎝は身長165㎝~185㎝
  • 75㎝は身長185㎝以上

バランスボールの値段

バランスボールは1,000円~6,000円くらいまで様々ですが、3,000円以内で買えるものが多いので、費用対効果を考えると、とてもお得なダイエット用品だといえます。

おすすめのバランスボール

バランスボールを購入する時には、安全のために使用目的とバランスボールのタイプ(アンチバーストタイプかどうか、耐荷重は何kgか等)が合っているかを確認することをお勧めします。

アンチバーストタイプというのは絶対に割れないというのではなく、万が一穴が開いた時に風船のように一気に弾けるのではなく、徐々に空気が抜けて縮んでいくという安全性に配慮されたものです。

 

まとめ

バランスボールダイエットは以前から提唱されていましたので、もう既に試したけれども効果が無かったという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが今回ご紹介した、簡単!健康!長続き!「失敗しないバランスボールダイエット」は、現代スポーツ科学に基づいた方法で、しかも自宅で自分のペースで楽しくできるダイエット法です。

今まで数々のダイエット法を試し失敗してきた方は、まずバランスボールの「ながら運動」から始めてみてください。そして、慣れてきたらこの記事を参考に、ひとつずつパターンを増やしてみたらいかがでしょうか。

有酸素運動+筋トレの「サーキットトレーニング」を実践すれば、ダイエット効果が早く実感できるかもしれませんし、使い方次第ではお腹まわりだけでなくヒップや太もものダイエットにも応用できます。


たった1つで効果いっぱいのバランスボールを使って、簡単かつ健康的なダイエットを継続し、新たな自分に生まれ変わってみませんか?

この記事をシェアする!

>>結果重視の酵素ダイエットならベジライフ酵素液<<